第7回 Webサーバの起動と設定

目次

Webサーバの起動

参考になるページ

Webサーバ(httpサーバ)

  1. Webサーバには Apacheを利用します.設定は以下のファイルに書かれているので、スーパーユーザで編集します。
    /etc/httpd/conf/httpd.conf
    • Netscapeで、以下の付属のマニュアルを参照しながら設定を進めてください。
      file:///home/httpd/html/manual/index.html
      file:///home/httpd/html/manual-ja/index.html
    • 特に、「ServerName」を正しく設定してください。
    • 標準の設定では、トップページ(「DocumentRoot」)は次のディレクトリに置かれます。
      /home/httpd/html/
  2. サービスの起動と終了は、rootでそれぞれ以下のコマンドを実行します。
    /sbin/service httpd start (起動)
    /sbin/service httpd stop  (終了)

Webサーバの起動確認

  1. apacheを正しく起動したら、本当に動いているかどうか調べてみましょう。次のコマンドをタイプしてみて下さい。いくつくらいapacheが動いているでしょうか?
    ps -aux | grep apache
  2. 1アクセスあたり1つのapacheが対応します。デフォルトでは8個のapacheが動いていますが、これは8人分のapacheが待機しているということです。ユーザがやってくると稼働しているapacheも増加します。
  3. 早速このマシンのWWWサーバにアクセスしてみましょう。WWWブラウザから次のURLにアクセスしてみてください。
    http://xxx.cad.eng.tamagawa.ac.jp  (xxxはマシンの名前)
  4. テストページというのが見えたでしょうか? Webサーバが動いていることが確認できたと思います。
  5. この操作で見えたページはこのマシンのトップページで、httpd.confのDocumentRootで指定された場所に置かれています。標準設定では以下の場所になります。
    /home/httpd/html/

Webサイトの作成

参考になるページ

Webページは、HTML言語をテキストエディタで書いて作ります。その簡単な作り方は「HTML入門」のようなキーワードで検索エンジンで検索すれば、山のように見つかるはずです。分かりやすそうなところを見つけて参考にして下さい。

ホームページの作成

  1. はじめにWebサイトを作りやすいように、/home/httpd の所有権を自分のユーザに変更してしまいましょう。スーパーユーザになって次のコマンドを実行してください。
    chown -R hoge.hoge /home/httpd  (ただし、hogeは自分のログイン名)
  2. これで以後は、スーパーユーザにならなくても /home/httpd の下のファイルが編集できるようになりました。/home/httpd/html/ の下にHTMLファイルを作成することで、Webサイトを作成することができます。
  3. それでは一般ユーザに戻って、日本語で以下の要素を含んだWebサイトを作ってください。ホームページは index.html というファイル名になります。
    • 自分の名前
    • 自己紹介などの文章
    • 写真やイラスト(インターネットから適当に拾ってきて下さい)
    • 演習の説明をしているこのページへのリンク
  4. 作成中の合間に、下記の課題も試してみてください。
  5. できたら、そのURLを report@fig.ele.eng.tamagawa.ac.jp まで知らせてください。本日の残りの時間はホームページの充実にあててください。
    • このメールアドレスは「@」が全角なのでそのまま“コピペ”しても送れません。

アクセスログ

  1. ホームページを作っている間に、作成中のホームページを周りの人のマシンから見てもらいましょう。
  2. /var/log/ ディレクトリにはこのマシンのいろいろなログ(稼働履歴)が残っていま す。次のコマンドで見てみましょう。
    ls /var/log
  3. この中の /var/log/httpd ディレクトリにはapacheの書き込んだログが残っています。これも見てみましょう。
    less /var/log/httpd/access_log
    • 特に、以下のコマンドでアクセスログをじっくり見て下さい。ローカルなマシンからのアクセスの他に、周りの人からのアクセスが見られるかと思います。教員からのアクセス記録もあるかもしれません。

ユーザ別のホームページ

  • 各ユーザのホームディレクトリの下に public_html というディレクトリを作成すると、ユーザごとのホームページを作成することができます。
    /home/ユーザ名/public_html
  • このディレクトリに対応するURLは、次のようになります。
    http://マシン名/~ユーザ名/
  • こちらにも簡単なHTMLファイル(index.html)を置いて動作を確認してみてください。ただし、Webサーバが自分のディレクトリを参照できるように、以下のコマンドを実行する必要があるかもしれません。
    chmod o+x ~
  • マシンのホームページとユーザのホームページが、常に同じものになるようにする方法を考えてみてください。シンボリックリンクを使います。

レポートはありません。ホームページをひたすら充実させてください。


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2016-05-08 (日) 12:31:18 (1307d)