Perspective Desktop

Perspective Layered Desktop for Cooperative Work

http://vilab.org/archive/3Ddesktop/image1-s.png

Abstract

We propose a new technique to visualize a workspace for collaborative work as a set of layered virtual screens in 3D. In conventional synchronous groupware, a user's workspace is tiled into some shared spaces and a personal space to show all of them simultaneously, so the size of a personal space is very restricted. We propose a new technique that shows groups' shared space just behind the personal space repeatedly. This 3D perspective workspace realizes also supports awareness as it enables to show shared space always. Users can aware others' action in shared spaces and also aware modification of shared information.

概要

現在,コンピュータ上で遠隔協調作業を支援するためのグループウェアシステムが数多く提案されている.従来の同期型グループウェアシステムでは,一般的に画面を分割することで個人空間と共有空間を同時に表示するが,これでは個人空間が狭くなってしまうという問題があった.そこで我々は,ウィンドウシステムに手を加え,共有画面を個人画面の背後に多段に配置し,奥行きを持った3次元作業空間として表示する手法を提案する.これによって,グループ空間と個人空間のシームレスな融合が実現できる.また,共有画面を常に背景に表示させておくことで,アウェアネスの伝達を支援し,他のユーザの共有空間での作業や,それによる共有情報の更新を自然なかたちで提示することができる.

Publications

  • 塩澤秀和,岡田謙一,松下温. 背景と奥行きを利用した協調作業空間. 情報処理学会論文誌 Vol.40 No.11, pp.3823-3833, 1999年11月. (IPSJ)
  • Hidekazu Shiozawa, Ken-ichi Okada, Yutaka Matsushita. Perspective Layered Visualization of Collaborative Workspaces. Proc. ACM Group'99, pp.71-80, Nov. 1999. (PDF)
  • Hidekazu Shiozawa, Jun-ya Noda, Ken-ichi Okada, Yutaka Matsushita. Perspective Workspace for Collaborative Works. Proc. ICPP'99 Workshops (International Workshop on Collaboration and Mobile Computing), pp.80-85, IEEE CS Press, Sep. 1999. (PDF)
  • 塩澤秀和, 野田純也, 岡田謙一, 松下温. 協調作業のための奥行きのあるウィンドウシステム. 情報処理学会 インタラクション'99 (インタラクティブセッション), pp.49-50, 1999年3月. (PDF)
  • 塩澤秀和, 野田純也, 岡田謙一, 松下温. 奥行きを利用した3次元協調作業空間. 情報処理学会グループウェア研究会, 98-GW-29(5), pp.25-30, 1998年9月. (PDF)

Home   Edit Freeze Diff Backup Upload Copy Rename Reload   New List Search Recent   Help   RSS of recent changes
Last-modified: 2007-03-30 (Fri) 14:46:00 (3859d)